完全ミルクのメリットとデメリット|先輩ママの声

今回は完全ミルクのメリットとデメリッ

トをまとめまいた。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

メリット

ミルクだとどれぐらい飲んだかわかる。

母乳だとどれぐらい飲んだかがわからず

私の場合は、泣く→母乳→泣く→母乳

繰り返していたら大量に吐くを繰り返し

ていました。まるでマーライオンのよう

に「ごぼーーーーっ」と吐いていました。

WS000476

今まで頑張って飲ませていた分を大量に

吐くのでまた泣く→母乳で乳首が切れた

り、吸われ始めはとても痛かったです。

しかし、ミルクにしてから大量に吐く事

が少なくなり、どれぐらい飲んだのかが

わかるので次の授乳時間もわかるからス

ケジュールが組みやすかったですね。

他には、誰にでもすぐに預けられる。

うちはパパが授乳担当になりました。

長女がゲップ担当ですwあやす・絵本を

読み聞かせるは次女が担当www

家族みんなで育児をしています。

もー!!しんどいっ!自分の時間が欲し

い!!と言って私はパパに息子を預け、

週末はスーパー銭湯か温泉に娘たちと出

かけていました。後は、お酒が飲めるの

も魅力的です。長女も次女も完全母乳で

育てていたのですが、お酒が大好きだっ

た私は娘たちの為に2年間辞めていまし

た。お酒は母乳に出るので。

後は食べ物をすごく気にしていましたね

。母乳育児の時は本当に食べ物には気を

つけていました。3人目はミルクなので

食べ物に気を使わなくていい点がとても

楽でした。

あと、ミルクだと夜中の授乳が減る。

上の子二人は母乳だったので消化もよい

事もあるのか2・3時間の授乳で大変で

した。しかし、ミルクで育てている3人

目は生後3ヶ月頃には夜中の授乳がなく

なりました。えーー?こんなに寝てても

大丈夫なのかな?といつでも授乳ができ

る体勢で様子を見る日々が続きました。

気になって眠れない。。。w

子どもによって違う事もあると思います

が、ミルク育児は楽でした。

デメリット

特にデメリットに感じたことはないので

すが、世間一般的には子宮の戻りが遅い

。体重の減りが遅いもしくは減らない。

荷物が多くなる。哺乳瓶や乳首を洗って

消毒するのが面倒。ミルクを量るのが面

倒。経済的な負担。などがあります。

確かに、体重の戻りは母乳の時より遅い

です。というか元に戻りませんでした

(/ω\)ここからダイエットが始まった。

母乳の時は3ヶ月ぐらいで元に戻ったん

ですけどね~。ミルクの時は戻りません

でした。すごくショックだったけど、頑

張ればいいだけなので地道に頑張ろうと

思いましたね(;´・ω・)

哺乳瓶と乳首を洗って消毒とミルクを量

るのは確かに面倒でした・・・。母乳の

時はさっと出してちゃっとあげられたけ

ど、私は総合的にミルクの方がストレス

が少なく感じました。経済的負担は大き

かったですけどね。。。缶ミルクが2週

間もたない><!因みに光熱費もあがり

家族一人増えただけでこんなに上がるの

か~と思いました(;´・ω・)電気とガス

と水道代がヤバイ~~。冬は特に。

話がそれましたが、昼間は母乳で寝る時

だけミルクをあげているママさんも多い

です。これはミルクは夜ぐっすり寝てく

れるからという理由のようです。

お世話になった産院でのママさんたちの

会話でもこの話が出ましたね~。

ミルクは腹持ちがいい。

という事でミルク育児のメリットデメリ

ットでした~~。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です