赤ちゃんが耳をかく・さわる原因と対処法は?

赤ちゃんを見ていると耳をかくしぐさや

さわるしぐさをよくみかけます。

痛くて触っているのでしょうか?痒くて

触っているのでしょうか?

なぜそのような行動をするのでしょうか

?赤ちゃんはしゃべれないので、なぜか

いたり、さわったりするのか気になった

ので調べてみました!

耳をかく・さわる原因

赤ちゃんが耳をかく、さわる原因はさま

ざまです。

WS000465

なかには癖で触っている赤ちゃんもいる

ようですが、赤ちゃんの耳から臭いがし

ていたということがあり、耳鼻科で診て

もらうと、耳垢を執拗に取ったのが原因

で、赤ちゃんが気持ち悪がっていたのが

原因だったという方もいました。

そして、よく聞くのがずっと耳を触って

いた赤ちゃんを耳鼻科で診てもらうと、

中耳炎だったとか外耳炎だったというケ

ースも少なく有りません。

正直あんな小さい赤ちゃんの耳の中なん

て覗けるわけもなく素人では何でかいた

りさわったりしているのか判断できない

ですよね?

やっぱり気になったり困ったときは病院

!小さな赤ちゃんでも耳鼻科では診ても

らえます。

お母さんが抱っこして診察を受けられる

ため、生後1ヶ月半でも診てもらえるん

ですよ!

わたしの周りでも意外と耳鼻科に連れて

行った経験があるママさん達が多かった

です。

最近の病院ではカメラで見ながら診察し

てもらえたりするところもあるので、赤

ちゃんの耳の様子がはっきり見えて安心

できるんです!

そこで先生に言われたのが、赤ちゃんの

耳掃除は自分でやりすぎない方がいい場

合があり、綿棒だと耳垢を奥に詰めてし

まったり、耳かきだと赤ちゃんの繊細な

肌を痛めてしまう可能性があるそうなん

です。

なんでもやりすぎはダメなんですね

(^-^)

しかし、先生は耳のお掃除も言えばして

くれます。

手慣れたもんでごっそり耳垢が出てきた

日もありました!

わたしも取ってもらいたーい!なんて思

っちゃいましたし、実際してもらったこ

ともあるのですがすんごい気持ちいいん

です。

子供はギャン泣きでしたけどね!

他にもアレルギーで掻いてる赤ちゃんも

いるそうです!

耳の周りに湿疹等はないですか?

赤くなっていたりカサカサしてないです

か?

乳児湿疹とよく間違えてしまうのですが

、病院で診てもらうとアトピーだったと

いうお子さんもいました。

いずれ治ると放って置いたらひどくなっ

て真っ赤になってしまったと嘆いていた

ママ友もいました。

早ければ生後1~2ヶ月頃から湿疹が出て

くるのですがだいたいは乳児湿疹です。

ほとんどの赤ちゃんが経験するものなの

でお医者さんでも判断が難しく、お医者

さんによって診断名が違ってくることも

しばしば。

アトピーの場合、親戚や家族の中にアト

ピーの方がいると赤ちゃんもアトピー性

皮膚炎である可能性が高いそうです。

対策

そんなかきむしったり触りまくったりし

ちゃう赤ちゃんに対してどのような対策

をすればいいのでしょうか?

まずは短く爪を切ってあげましょう!

どんなにかきむしっても爪が延びている

のといないのとでは大違いです。

赤ちゃんの力って案外と強くて、加減も

知らないので爪が延びていると顔が傷だ

らけ。なんてのもしょっちゅうです!

こまめに爪を切ってあげるだけでも傷が

付かないので安心できます。

他にもミトンをつけてあげる。と言うマ

マさんもいますが、すぐとれてしまうの

が悩みの種。

ゴムで縛るわけもいかないし、どうしよ

う。。と悩んでいたある日、ひらめいた

んです!

帽子をかぶせること

特に耳まで深く被せれるニット素材やの

びがよい素材だと耳を掻いても帽子が守

ってくれるんです!

しかも深く被っているのでポロッと取れ

にくく長時間つけれました。

特に冬だと防寒にもなるので一石二鳥で

す!

夏は夏でコットン素材のものもあるので

探してみてくださいね!

また、常に清潔にしてあげましょう。

たまにミルクが流れ込んでしまったり、

埃が入ってしまったりと結構汚れてい

たりする場所なのでお風呂にいれたら忘

れないようにきれいに拭いてあげましょ

う。

お風呂のあとは必ず拭いてあげてくださ

いね!

水が入ったままだとそれが原因で耳のト

ラブルにも繋がってしまうので清潔にし

てあげましょう。

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんはとっても繊細なので些細なこ

とでも自己判断はせずに気になることが

あったらすぐに病院で診てもらいましょ

う。

何もできない赤ちゃんだからこそ、ママ

がしっかり見てあげましょうね♪

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です