インフルエンザは新生児でもうつる?症状と対処法は?

健康な体が一番幸せ。 そう感じたことはありませんか? わたしも産後二ヶ月で上のお姉ちゃんがインフルエンザにかかってしまい、移ってしまいました。

一番に心配したのは生まれたての新生児が我が家にはいたので、赤ちゃんに移らないかどうか。 すぐさま病院に駆け込みました。

インフルエンザは新生児でもうつる?

インフルエンザにかかっているかどうかを判断するためには、症状の原因がインフルエンザウィルスであることを調べる必要がありますが、ウィルスに感染しているかどうかを調べる方法として ①インフルエンザウィルスがいるかどうかを調べる ②体内にインフルエンザウィルスに対する抗体ができているかを調べる、という2つの方法があります。

ws000835

ほとんどが①の方法で調べますが、病院によって異なるかもしれませんが、わたしの場合は長めの綿棒の様なもの「迅速診断キット」で鼻の穴をグリグリされる方法でした。 あれ、ホントに嫌いなんですよね。 くしゃみは出るわ、気持ち悪いわでわたしは大嫌いです笑

この検査キットでは、インフルエンザA型B型を検査ができ、10分以内で結果を得られます。 ただし、発症直後の12時間以内の場合は、体内のウィルス量が少なく、陰性と判定されることもあり、わたしも陽性がはっきりでなかったのですが上のお姉ちゃんがインフルエンザB型と判断されたのと、もう症状が出始めているため確実に移っているであろうとのことでタミフルを処方されました。

そんなことより、新生児の赤ちゃんに移ってしまわないのでしょうか? ふとこのとき疑問に思いました。

お母さんから母乳をもらっている赤ちゃんは、免疫力があり、病気にかかりにくい。そんな話を聞いたことがないでしょうか?

実は、胎児期の内に母体からと、生まれて初乳から赤ちゃんは免疫物質をもらうのですが、免疫物質を含む初乳は産後3~4日目まで、それ以降は成乳になり免疫物質は含まれなくなるそうなんです。

ミルクの赤ちゃんの方が特に病気が多いということも実はないんですよ! わたしのお友達は退院してから3日で赤ちゃんが風邪を引いたそうです。 ただ、母体が感染症にかかっている時の母乳には、わずかだそうですが菌に対して抵抗性のある「抗体」などが含まれるということがあるそうです。 しかし、これも絶対に効果があるというものではないそうですが、別にあげても構わないみたいです。

わたしがインフルエンザに感染した時、医者からは母乳はむしろ飲ませてくださいと言われました。 なんで?移るかもしれないじゃん!なんて思いましたが、 こういうことだったんですね!

詳しく調べてみると胎児期と、産後間もない頃にもらった免疫物質は生後5、6ヶ月頃まで赤ちゃんを病気から守るのは本当。と書いてある記事がありました。

菌に抵抗性のある「抗体」が赤ちゃんに移行するのは一部だけで、麻疹、百日咳、破傷風、ポリオウイルス、インフルエンザウイルスなどが初乳抗体リストにはありました。 「免疫」は菌の吸着・吸収を妨げ、発病を防ごうとします。 でも、この「免疫」は100%万能ではないんです!

ただ、免疫力が向上されているお陰で発熱しても重い症状は現れにくいそうなんですけど、友達の赤ちゃんは結構な高熱をだしてました。なので、インフルエンザウイルスも抗体は赤ちゃんに移行するということがわかりました!

症状と対処法は?

赤ちゃんの場合は、40℃以上の熱が2日~5日ほど続き、頭痛や筋肉痛、関節痛、倦怠感があらわれることが多いようです。 大人と同じような感じです!かなり辛い状態です。

突然の発熱がインフルエンザの一番の特徴ですが、それほどの高熱がみられないこともあり、下痢や嘔吐からはじまることも。

赤ちゃんは、辛くて泣くことしかできないので、親としてはどうしたらいいのかわからなくなると思います。 そんな時は真っ先に病院で検査をしてください! やはり、病院が一番!あの時もっと早くに行けばよかった。とならないようにまずは見てもらいましょう!そうすることによってお母さんもひと安心できますよ。

WS000669

発熱の時間と症状をメモしておき、医師の指示に従いましょう。

解熱剤」に注意!! 通常熱が高ければ、解熱剤などを飲ませればいいのかと考えるかと思いますが、解熱剤の使用は、待って下さい!! 乳幼児などの赤ちゃんや子供がインフルエンザで解熱剤をむやみに用いると、「インフルエンザ脳症」を引き起こす可能性があるんです。 解熱剤を使用するなどの誤った自己判断は危険なので絶対にやめましょう。

まとめ

季節性インフルエンザは、同時に違う型のインフルエンザが流行することもあるため、1シーズンに何度もインフルエンザに感染してしまうこともあります! 赤ちゃんの健康を守るのも親のつとめです! 外から帰ったら必ず、手洗い、うがい、マスクをして赤ちゃんと接してくださいね!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です