妊娠中にそばかすが増えた!濃くなる!原因と対策方法と体験談

妊娠中は仕事もギリギリまで働く人や、育児が大変、今のうちにゆっくり過ごそうとのんびりしている人、様々だと思います。

そんな中、わたしは元々しみ、そばかすに悩まされていましたがなんだかどんどん妊娠中にそばかすが増えていっている、濃くなっている気がしました。

妊娠中に限らず産後もひどかった気がします。そんなわたしと同じ悩みをかかえた方へのわたしの体験談をお話します。

そばかすの原因と対策方法

そもそも、シミ、そばかすはどう違うのかよくわかっていない方もいるかと思います。
わたしもその一人でした。まずはシミ、そばかすの特徴から説明しますね。

シミの特徴

シミは主に後天的なものが原因となってできるもの。例えば、紫外線による肌へのダメージが蓄積されたり、ニキビが炎症を起こしてそれが跡になったり、加齢によって起こったりするのものです。

このように、シミと呼ばれるのは、皮膚が炎症を起こすことでできる『炎症後色素沈着』や、老化によってできる『老人性色素斑』、ホルモンバランスが乱れることで発生する『肝斑』などです。

そばかすの特徴

そばかすは正式名称を『雀卵斑(じゃくらんはん)』といい、後天的なものが原因でできるシミと違い、遺伝性のものが多いです。特に色白の人によく見られます。そういえば、白人さんとかに多い印象です。

シミに比べて斑点の大きさが小さく、1~4mmほどで茶褐色の斑点です。
頬や鼻周りに出やすい他、肩や背中など顔以外の場所にも出ます。また、シミとは違い、加齢によって自然と薄くなることもあるのが特徴です。

ただし、紫外線を浴びると濃くなるという性質もあるため、シミと同様、紫外線には注意が必要となります。そばかすは遺伝性のものだけでなく、後天性のものもあり、大人になってからできるものは後天性のものが多いようです。

後天性のそばかすは遺伝性とは違い、自然に消えることはほとんどないそうで、シミと同様、加齢とともに目立ちやすくなってしまいます。また、頬には左右対照的にできるのも特徴だそうです。

わたしは小学生の頃からそばかすが出てきました。
今はしみ、そばかすが混ざってどれがどれなのかわかりません笑

妊娠中にしみ、そばかすができる原因は?

妊娠中にシミやそばかすが出来る最も大きな原因は女性ホルモンの変化によるものです。
妊娠すると「エストロゲン」「プロゲステロン」という2つのホルモンが増加し始めます。この2つのホルモンは、メラノサイトという色素細胞を刺激し、メラニン色素を増やしてしまうのです。


結果的にシミ・そばかすが増えてしまいます(T-T)
妊娠中に乳首が黒くなった‼と言う方が多くいますが、それもこのメラニン色素によるものです。では、どう対策すればいいのでしょうか?

一番は紫外線対策です。

WS000244

紫外線を気にしないといけないのは夏場だけではありません。特に春先の紫外線は、油断大敵なのはご存じでしょうか?夏と同じ量に匹敵する場合があるんです。紫外線は、しみやソバカスを増やしてしまうばかりか、しわの原因にもなります。

日差しの強い日は外出をなるべく控え、日傘や帽子を使用するようにしましょう。
家にいる時でも日差しが差し込む場合があるので、低刺激のUVクリームを毎日塗ることをオススメします!特に洗濯物を干す時は注意してくださいね。そしてビタミンC補給や食生活も大事です。

ビタミンCは、メラニンの生成を押さえてくれる効果があり、コラーゲンの生成も促してくれるので、お肌に必要不可欠な栄養素。サプリからの摂取でも問題はありませんが、難しいですがなるべく自然な食品から取り入れましょう。

ビタミンCは水溶性なので体に貯めておくことができませんので毎日意識的に摂取する必要があります。

ビタミンCを含むフルーツや野菜を多く摂取するようにし、つわりの辛い時期でも、ビタミンCを含むフルーツは食べやすいものが多いのでオレンジや柑橘系を摂取するといいかもしれません。

WS000249

妊婦さんにとって食生活もとても大事なことですよね。コラーゲンを含んだ手羽先・牛筋・ふかひれ等の食材を摂取したり大豆類(なっとう・豆乳・豆腐)は、イソフラボンを多く含んでいるので、女性にとっては嬉しい食材です。また、イソフラボンは女性ホルモンと似たような働きがあるので、女性ホルモンの働きを助けてくれます。

WS000250

ただし、ここで注意しないもいけないのが過剰摂取は胎児のアレルギー未熟児のリスクを高めるという報告もありますので注意が必要です。人によってではありますが、辛いつわりの時期でも、大豆類は食べやすいのではないでしょうか?


また、ビタミンCやビタミンEを含む食物も効果的です。ビタミンEは、アボガド・かぼちゃ・うなぎ・アーモンドなどに多く含まれます。ビタミンCを多く含む緑黄色野菜と一緒に摂取していのきたい栄養素です。食生活でメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防止しましょう!

そして乾燥を避けること。

冬は特に乾燥しますが、夏もクーラー等の冷房機器や紫外線により乾燥を引き起こしますので注意です。妊婦さんは汗をかきやすい為、汗がひいた後の肌は乾燥を引き起こします。乾燥は、シミ・そばかすを作りやすい肌になってしまうので、保湿をしっかりと行って下さい。

最後に睡眠時間を確保すること。

妊娠中はとにかく眠くなる!というか方も多くいるのではないでしょうか?
私達のお肌は、寝ている間に生成され新しく生まれ変わっています。お肌の生成は、夜22時から夜中の2時がゴールデンタイム★といわれていますが、この時間帯に睡眠することが美肌への道につながるそうです。そして、質の良い睡眠をとることで、シミ・そばかす・しわの原因を断ち切ることができますよ!

その他にも食生活を改善することや、ストレスを溜めないこと。

これらのことは妊娠中に限らず気を付けたいことですよね。なかなかできるようで難しいかと思いますが赤ちゃんが生まれてくるともっともっと自分にかける時間が減るので妊娠中に出来ることを無理をせずにやってみてください。

体験談

わたしはある日、そばかすやしみが濃くなりネットで気になる商品を購入したことがあります。そこにはあの、小〇今日子や篠〇涼子等が劣化から復活した!一週間でこんなに綺麗に!といった内容でした。

石鹸にしては高額な価格ですが、今なら限定300個で70%OFFと書いていました。これでそばかすやしみがなくなるならとお得な三個セットを購入。一週間ほどで届き早速使用してみることに。怠け者のわたしですが、洗顔は毎日するのでこれなら出来ると思いました。

石鹸の香りもとくにいい香りでもなく、泡立ちも良くなく普通の石鹸でした。それでも信じよう、これで本当になくなるの?と疑いつつも、現在も使用しています。なんせ3個買ったので(笑)何が一週間で無くなるだ!何が肌が生まれ変わるだ!

現在一年ほど使用していますが、やっぱり大袈裟に書いている商品は信用ならないと肝に命じた体験でした笑

before

WS000248

after

WS000247

使ってもうすぐ一年です。まったくですよね?この記事を書くのに公式ページを見ましたが、パッケージリニューアルのため70%OFFでした。限定300個 もうそうゆう手口なんですね汗

うまい話には裏がある。そう簡単にはしみ、そばかすはなくなりません!みなさんも気を付けてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です