鼻水吸引器|赤ちゃんにオススメ!電動が断然いい理由と実体験

私には3人の子供がいます。電動の鼻水吸引器がある事を3人目が生まれるまで知りませんでした。なので電動鼻水吸引器を購入するまでは、西松屋で購入した鼻水トッテで一生懸命に口で鼻水を取っていたのですが、すぐに鼻水が垂れて何度も何度も吸っていました。とても大変でしたが、我が子の為に!と思ってやっていたのに中耳炎に。。。

こまめに取ってあげていたはずなのに。自分で吸ってもダメかと思い耳鼻科に頑張って連れて行って鼻水を取ってもらっても帰ってきた頃にはもう鼻水が溜まっている。。。

頑張って口で吸ってあげても夜は寝苦しそう。耳鼻科は季節によってはとても混むのでとても大変でした。

「毎日通いなさい」と先生言われたので毎日鼻水を取ってもらうだけの為に1時間近く待っていたんですね。処置は1分~3分ぐらいで終わるので何だかモヤモヤ。そんなこんなで2人を育てていました。

3人目が生まれしばらく口で吸うタイプで同じように吸っていたのですが、歳なのか3人産んで体が弱っていたのか子供の鼻水を吸ったからかわかりませんが、毎回、風邪をもらうようになりました。上2人の時は大丈夫だったんだけどな~。

やっぱり体が弱っていたのかな。仕事もしていたので鼻かぜが長引くのは困る!なんとか対処はできないのか?と検索していたら電動鼻水吸引器に辿り着きました。

えっ?!こんなのがあるの?!と衝撃でした。私が無知な為に子供に辛い思いをさせていた事を反省しました。

3人目の鼻水がなかなか治まらず、涙目になって目ヤニも緑色になっていたので「これはヤバイ」と思いすぐに電動鼻水吸引器を購入しました。
購入する前に沢山の口コミを読んでメルシーポットスマイルキュートで悩みましが、手入れが簡単!というスマイルキュートに決定。電池式はイマイチという口コミがあったので2択でした。

仕事をしているので少しでも楽をしたい私としてはとても魅力的な商品です。注文をした翌日に届き、早速、自分で使用確認。

WS000677

シリコン製のノズルが3種類ついていて、見たからにロングノズルが一番取れそうと思い使ってみましたが、やり方が下手なのか鼻を刺激してクシャミが止まらず、鼻水は取れるけど、刺激したせいか余計に鼻水が出る((+_+))

チューブに直接ノズルをつけると凄い勢いで吸えますが、チューブなどの掃除がちょっと面倒です。初めて使った時、チューブを下向きに使ってしまい溜まるはずのところを通り抜けてチューブの方まで鼻水が行ってしまい掃除する羽目に。。。結構、面倒でした( ;∀;)

WS000678

赤ちゃん用の一番丸い形の「」を使用。これが一番吸えるではないか!と判明。ロングノズルを使用する場合はチューブを抑えて圧を調整してから使用する感じでしたが、「玉」は圧の調整を気にせず使用できます。楽ちんです。

吸い口が小さいからか勝手に圧がかかってガンガン吸えます。早速、息子に使用。緑色のネバネバが沢山取れました。気持ちいいほどに。画像を載せようか迷いましたが気分を害するかと思い辞めておきます(/ω\)

使用する時、凄く泣きわめくので太ももで両腕を固定して使用。初めの方は泣きじゃくって足をバタバタさせていましたが、1日に何度も吸っていたからか、1歳の彼は気づいたようです。「あれをすると何だか鼻がスッキリする」と。

吸引器に誘うとイヤイヤながらも自分から来るようになりました。泣きますけどね( ;∀;)小学生の娘たちは面白がって自分で吸引しています。笑)ガッツリ取れた自分の鼻水を見て満足そうです。

こまめに吸ってあげないといけないので、口で吸うタイプはこちらも疲れるし、下手したら風邪が移るので電動鼻水吸引器は凄くオススメです

1人目の時になんで気づかなかったのだろう。気づいていたら間違いなく買っていたし使いたかったです。これを使っていたら中耳炎にならずに済んだのではないかと思うと少し悔やまれます。

今では鼻風邪になった時に電動でこまめに吸ってあげています。ガッツリ吸えるのでいつもより治りも早いです。

保育園に行きだしてから毎日鼻水を垂らして1ヵ月近く薬を飲み続け耳鼻科にも通っていました。それを毎月のように何度も繰り返していました。風邪で月の半分ぐらい保育園を休んでいたんです( ;∀;)

でも、スマイルキュートを買ってから耳鼻科に行くこともなくなり、風邪をひいても治りが早く熱が3日続いたら小児科に行って診察してもらうようになりました。

スマイルキュートのおかげで鼻水で苦しむ事は減りました。ご飯を食べる前・お風呂上り・寝る前・その他鼻水が出ればこまめに吸引。因みに圧力はいつもハイにして使っています。

今はこれがベストだと考えています。親子共にとても楽になったと実感しています。あぁ・・・もっと早くに買っておけば良かった。。。上の子たちに申し訳ない思いです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です